年末といえば…


こんにちは。東京都小金井市の個人ピアノ教室、Una Classe Di Pianoforteです! 

年末になると、毎日のようにベートーヴェンの交響曲「第九」が演奏されていますね。
なぜ年末に演奏されることが多いのか。
ひとつは、第一次世界大戦後、平和を願う声の高まりと共に毎年大晦日にドイツのライプツィヒで第九を演奏してきたから…という説。
また日本においては、第二世界大戦後の12月、3日間連続で現在のN響による第九のコンサートが行われ、絶賛されたことで今日まで続いている…という説や、昭和18年12月、学徒出陣の壮行会で演奏された…という説など、諸説あるようですが、どれも平和への願いが込められているよう。
今日もどこかで平和の願いを込めて、「歓喜の歌」が歌われる。

Follow me!